日比津接骨院の五十肩・四十肩施術

診療時間

根本改善

五十肩・四十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 服を着脱する際に肩が痛く感じる
  • 肩が痛くなり、眠りが浅い
  • 肩の痛みが湿布を貼ってもよくならない
  • 肩を挙上すると痛い
  • 肩の痛みにより、日常生活に不便な面が生じている
  • 病院で「四十肩・五十肩」と診断された
  • 四十肩・五十肩をどのように改善すればよいか分からない

「五十肩・四十肩 」とは?|名古屋市中村区の日比津接骨院|名古屋市中村区の日比津接骨院

そもそも、四十肩・五十肩とはどういった症状を指すのでしょうか?

一般的に、四十肩・五十肩とは、名称のとおり40代以上で良く起こり、加齢や過労などによって出現する、肩関節の痛みや運動制限が生じる症状のことを指します。

四十肩・五十肩のよくある症状としては

・肩が痛みによって上がらなくなる

・肩周辺に痛みが生じる

などが挙げられます。

これだけでもかなり日常生活においては不便な面もあるのですが、四十肩・五十肩を放置しておくと、寝ている際に痛みを伴い睡眠が浅くなったり、家事を行う際に、痛みが生じるなど、日常生活の動作において多大な制限が生じます。

何より、その痛みがお辛いかと思います。

医療機関などでレントゲンを撮影しても、そのほとんどが原因が不明瞭であり、湿布や薬などが処方されて終ってしまうケースが多いです。

名古屋市中村区の日比津接骨院では、四十肩・五十肩の根本原因にアプローチし、四十肩・五十肩の症状を根本改善いたします。

名古屋市中村区にお住まいで、四十肩・五十肩でお困りの方は日比接骨院までご相談ください。

五十肩・四十肩 の原因とは?|名古屋市中村区の日比津接骨院|名古屋市中村区の日比津接骨院

五十肩・四十肩には、多種多様な原因が考えられます。

例えば、代表的な原因としては、

・老化によって腰部の脊柱管が狭くなり神経を圧迫して生じる「脊柱管狭窄症」

・背骨と背骨の間にある髄核が周囲の線維輪を突き破り外に飛び出すことで神経根を圧迫する「椎間板ヘルニア」

・臀部にある梨状筋の緊張や癒着により坐骨神経を絞扼する「梨状筋症候群」

などが挙げられます。

その他としては、「閉塞性動脈硬化症」「閉塞性血栓血管炎」等の血管性病変、転移性・原発性の脊椎腫瘍等でも生じることがあります。

当院の五十肩・四十肩 施術|名古屋市中村区の日比津接骨院|名古屋市中村区の日比津接骨院

肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨と三つの骨で構築されており、可動域が広く、関節の中でも不安定な形になっております。

そのため、肩が外れることで脱臼を引き起こしたり、捻挫をしやすいなど怪我を引き起こしやすい関節でもあります。

そのため、不安定な肩関節を支えるために周りの筋肉や靭帯が関節を補強しています。

このように肩関節は、構造が複雑であり、肩の使い方次第では負担が多くなってしまいます。

また、肩関節は、日常生活でよく動かす関節のため、10、20、30・・・と、年々蓄積さした負担が、結果として40歳前後に四十肩・五十肩の症状が生じます。

四十肩・五十肩の痛みは、早期なアプローチが重要になります。

肩関節は、多少の痛みを感じつつも、肩関節の使い方に注意すれば、日常生活は問題なく送れてしまいます。

結果、中長期的に放置することにより、年々症状が悪化する原因になります。

四十肩・五十肩は、筋肉・靭帯などの肩周りの組織が損傷・拘縮していることが多いです。

要因は多種多様ですので、痛みが出ている部位を確認しつつ、早期にアプローチすることが重要です。

名古屋市中村区の日比津接骨院では、初診の患者様に対して、痛み・痺れの原因を鑑別診断(整形学検査法・神経反射・筋力検査など)をさせていただきます。

名古屋市中村区にお住まいで、四十肩・五十肩でお困りの方は日比接骨院までご相談ください。

お問い合わせ

  • 日比津接骨院
住所
〒453-0061
愛知県名古屋市中村区日比津町4-5-12
アクセス
駐車場5台完備

診療時間